のんびりおうちでアーケード基板

おっさんがアーケード基板について語ったり語らなかったりするユルいブログ。

MVSの新規入手ソフトその8

さて、またまた間が空いてしまいました、MVSのソフト紹介、今回は予告通り*1ファイターズヒストリーダイナマイト」です。今は亡きデータイースト*2ネオジオ参入第3弾のゲームです*3。前作に当たる「ファイターズヒストリー*4は、MVSではなく、いわゆる普通のゲーム基板として販売されていました。なぜ2作目がMVSになったのかは・・・謎、と言うことにしておきましょう。ゲームとしてはなかなか良くできていて、前作から引き継いだ”弱点システム”、業界初?の必殺技コマンド「前溜め*5」等、意欲的でかつ、完成度の高いゲームでした。ゲームについての詳細はここをご覧ください。
さて、ここで折っておきますね。
ファイターズヒストリー」といえば、恐ろしく暑苦しくて、濃いキャラが思い出されますが、全く持ってその通りです(笑)。中でも”ケンカ百段”の「溝口誠」は、その暑苦しさが受けて、主人公のレイを押しのけて、主人公になってしまったり*6、他のゲームにまで出演してしまったり*7と大活躍でした。ちなみにムエタイ使いの「サムチャイ・トムヤムクン」もカルトな人気があります(笑)。
このゲーム、実は未だに熱狂的なファンがいて、一昨年前に有志で全国大会が開かれてしまった(注:音が出ます)ほどです。さらに昨年、大会の模様を収録したDVDまで発売された日には*8!さすがの僕も驚きました(笑)。
上で熱狂的なファンがいるとは書いたものの、やはりマイナー感は拭えませんね。対戦バランスも微妙ですし(^^;)。それでも稼動当時は、仲間内で結構対戦したものです。メンバーは大学の友人や後輩、バイト先の社長や常連の皆さんなのですが、特にバイト先の社長と大学の友人の南雲氏(id:nagunagu)とは相当な数の対戦をした記憶があります。
使用キャラは八極拳士の「李 典徳(リー・ディエンドー)」をメインに、ムエタイ使い*9は使わざるを得ないということで「サムチャイ」をサブ、ネタで前作の中ボスだった「クラウン」を使っていました。実はこのリーというキャラ、僕の使用キャラの中では珍しく、かなり強いです。状況次第では、しゃがみ大パンチ*10からの連続技で気絶*11まで持っていき、もう1セット連続技を入れてKOなんてことも可能でした(汗)。ちなみにバイト先の社長はロッカーの「マッドロック・ジェイド」と京劇の女優で蟷螂拳使いの「劉 飛鈴(リュウ・フェイリン)」、プロレスラーの「マーストリウス」*12を使用、南雲氏は前述の溝口を使っていました。もう10年以上も前です・・・懐かしいですねぇ(遠い目)。
今回動作確認のために久々にプレイしてみましたが*13、そこそこ動かせましたね、キャラを。CPU戦も5人目くらいまでいきました。ちょっとがんばればクリアできそうです。さすがに牛を出すのは無理かもしれませんが*14
そうそう、全然ゲーム内容とは関係ないのですが、このゲームのROMカセット、すごく接触が悪く、ウチのMVSでなかなか起動してくれなくて、メチャクチャ焦りました(^^;)。
あー、なんだかこの文章書いてて、このゲームで対戦したい熱がムラムラと(笑)。誰か対戦してください。

*1:実は予告したのを忘れて、違うゲームを書くところだった(汗)。

*2:通称デコ。DECOと書く。

*3:現在は、携帯電話コンテンツ会社のジー・モードが権利を持っているようだ。

*4:カプコンとの訴訟の絡みで、別な意味で有名になってしまったゲームである。

*5:通常溜め系の必殺技は、ガード方向、つまり相手と反対方向に向かってレバーでの溜めを作る。前溜め、その逆、つまり相手方向にレバーを入れ続けなければならないということである。

*6:SFC版「ファイターズヒストリー 〜溝口危機一髪!!〜」

*7:同社の水滸伝をモチーフにした格闘ゲーム「水滸演武風雲再起」。"羊の呪い"なんて技まで習得していた。

*8:DVD発売記念の大会も開かれた。

*9:ただしサガット以外(笑)。何となくだが。

*10:結構リーチがある上に判定が強い。

*11:この場合は弱点が取れるの意味。

*12:お約束で投げ間合いのめちゃ広い必殺投げ「ダブルジャーマン」を装備(笑)。

*13:と言ってもすでに3ヶ月以上も前だが。

*14:無敗でクリアすると隠しボスとして出現する。今思うとこのゲームに限らず、当時はそういう演出が多かった気がする。餓狼SPのリョウ・サカザキとか。